修理の流れについて

水漏れが起こったら、まず速やかに考えるべきなのが修理でしょう。水のトラブルだけに、まずほっとくわけにはいきません。水道管や蛇口におけるトラブルを改善しない限り、水を食い止めることはまずできないでしょう。また少しでも漏れ続けていると、腐食や腐敗の原因にもなってしまいます。二次、三次被害もゆうに起こるので、急ぎで修理について検討してください。

電話流れとしては、まずは修理業者に連絡しましょう。電話で問い合わせるのが一般的ですが、近年はホームページからメールフォームで依頼できるところもあるようです。電話で状況の説明がうまくできそうにない、そんなときに重宝するかもしれません。また、至急修理が必要でないながら相談だけしておきたいという場合にも、手軽に感じられるでしょう。

連絡を受けた業者は、近隣のスタッフに状況を指示して現場へと向かわせます。水漏れトラブルは時間との勝負でもあるので、スピード感を重視しているところが少なくありません。とはいえ、到着して早速作業というわけでもないようです。点検、見積もりののち、確認や了承、署名を経てはじめて修理に移ります。あとあと金銭的なトラブルが起こったりしないという意味でも、安心の手順といえるでしょう。

個人でおこなう修理