個人でおこなう修理

業者業者に修理を任せる場合、やはり費用が発生するのが実際のところです。一大事とはいえ、できる限り出費は安く抑えたいと考える人がほとんどでしょう。そんな人には、個人でおこなう修理が効率的に感じられるかもしれません。

水周りについて詳しい人は、そう多くないでしょう。ですが、個人で修理するための道具も、少なからず市販されています。そんな道具を手に入れて、まずは自分の手で処置してみても良いかもしれません。道具を買うための費用は必要になりますが、業者に修理を依頼するより安く済む可能性も大いに考えられます。主な道具としては、パテや防水テープによる水漏れ部分の修復、また市販パッキンの交換などが挙げられるでしょう

ハンドルを分解する必要があり、通常では先端部分にキャップが設置されているので、マイナスドライバーなどで開けてみるとネジを見つけることができます。そのネジを外してみるとパッキンを見つけることができるので、規格に合ったパッキンを交換する方法で直すことは可能です。

ですが、おすすめはできません。なぜなら、知識のない個人でおこなうとなれば、急場しのぎの応急処置にしかならないためです。専用の市販道具を駆使したところで、また早い段階でトラブルが再発してしまうかもしれません。個人で修理するのも良いですが、あくまで応急処置程度に考えて、最後はやはり業者に相談してください。

水漏れ修理業者は、多くが24時間態勢で稼働しています。昼夜問わずいつ起こるかわからない水漏れトラブルだけに、何とも心強いです。ぜひ、うまく活用してください。

修理の流れについて

水漏れが起こったら、まず速やかに考えるべきなのが修理でしょう。水のトラブルだけに、まずほっとくわけにはいきません。水道管や蛇口におけるトラブルを改善しない限り、水を食い止めることはまずできないでしょう。また少しでも漏れ続けていると、腐食や腐敗の原因にもなってしまいます。二次、三次被害もゆうに起こるので、急ぎで修理について検討してください。

電話流れとしては、まずは修理業者に連絡しましょう。電話で問い合わせるのが一般的ですが、近年はホームページからメールフォームで依頼できるところもあるようです。電話で状況の説明がうまくできそうにない、そんなときに重宝するかもしれません。また、至急修理が必要でないながら相談だけしておきたいという場合にも、手軽に感じられるでしょう。

連絡を受けた業者は、近隣のスタッフに状況を指示して現場へと向かわせます。水漏れトラブルは時間との勝負でもあるので、スピード感を重視しているところが少なくありません。とはいえ、到着して早速作業というわけでもないようです。点検、見積もりののち、確認や了承、署名を経てはじめて修理に移ります。あとあと金銭的なトラブルが起こったりしないという意味でも、安心の手順といえるでしょう。

個人でおこなう修理

どんな水漏れがある?

お風呂まずそもそも、水が関連する設備自体多数存在します。水を扱っている以上、いずれの箇所でも水漏れが起こる可能性は気にしておかなくてはなりません。主には、トイレやお風呂・キッチン・洗面所、排水管や排水溝、その他屋外水洗などが挙げられるでしょう

水は生活を送る上でなくてはならない存在ですが、一方で液体であるために扱いが難しいのも実際のところです。少しのトラブルでも、生活は大打撃を受けてしまうでしょう。どの水場においても、状態には日ごろから目を配っておくべきです。

そして、水漏れにも種類があります。冒頭で触れた老朽化ももちろんそのひとつですが、それ以外にも原因は考えられます。たとえば、金具の締め付けの緩みです。液体である水は、少しのすきまからでもゆうに漏れ出してきます。次に、パッキンの消耗です。これは、老朽化により水漏れの原因でもあります。内部のパッキンは、それこそ10年ほどで機能が衰えてくるので、隙間から水漏れが起こりやすくなってくるのです。またその他、蛇口本体における亀裂や、水道管側の亀裂なども考えられるでしょう。

注意しておけるものはまだしも、個人では防ぎきれない水漏れというのも少なくありません。水漏れには、日ごろから注意をしておきましょう。

修理の流れについて

水漏れへの注意意識

みなさんは水漏れに、どのようなイメージをもっているでしょうか。世界的にみても生活水準や設備のレベルが高い日本で暮らしていると、そのようなトラブルはあまり現実的に考えられないかもしれません。ですが、だからといって安心しきるのはいけません。なぜなら、水漏れはどこの家庭でも起こり得る注意意識の欠かせないトラブルだからです。

そもそも水漏れは、どういったときに起こるものなのでしょうか。多くの人は、故障や地震、使い方の悪さなどが原因になると思っているかもしれません。確かに、これらをきっかけに水漏れが起こることも大いに考えられます。ですが、それだけでもありません。実は蛇口などには寿命というものがあり、何か外的な原因が伴う場合以外でもゆうに水漏れは起こってしまうのです。

蛇口寿命は、だいたい10年であるといわれています。結構長持ちするようにも感じられるかもしれませんが、何十年も住み続ける一戸建てともなれば、なかなかの頻度でもあります。少しでも水漏れの気配を感じたら、早めに修理を検討すべきでしょう。

今回は、そんな家庭などでの水漏れトラブルについて特集しました。具体的に、どのような理由で水漏れが起こっているのか、水漏れにはどんな種類があるのか、そしてどうやって修理するのかなど、ご紹介しています。現在家の蛇口に問題が見当たらない場合でも、他人事ではありません。万が一の事態に備えて、ぜひ知識を頭に入れておいてみてください。

どんな水漏れがある?